電話 045-633-5103  FAX 045-633-5166 
メールアドレス 担当 佐藤
会社概要
ミクロネシア トップ チューク パラオ ポナペ ヤップ コスラエ
ご挨拶

「 ミクロネシアの香り 」 へ ようこそ! 株式会社アイランズフレイバー 代表の佐藤光と申します。

 ミクロネシアとの最初の出会いは「パラオ」からでした。今からもう20年近く前の現地駐在員として赴任したのが始まりです。それまでパラオという名前も聞いた事がありませんでしたし、場所もどこに・・・?というレベルで、同僚からとっても美しい島だぞ〜!という言葉だけで夢を膨らまして、コンチネンタル航空に乗り込んだのを思い出します。パラオ最初の晩は日航パラオに泊まらせて頂いたのですが、翌朝カーテンを開けるとハッと息を呑むほどの、美しいロックアイランドの景色が目の前に広がっていて、その箱庭の様な世界は何十年も経った今でも目を閉じれば直ぐに蘇ってきます。それ程に鮮烈な出会いでした。

 そのパラオとの出会い以来、これまでにインド洋のモルディブやモーリシャス 南太平洋のニューカレドニア、そしてタヒチ等へも訪れる機会も頂いて、良い意味で別エリアの島々とミクロネシアの島々との比較も出来るようになり、あらためてミクロネシアの島々の魅力を再認識しております。ストーンマネーで知られるヤップ島では、伝統文化を今でも大切にしているローカルの誇りの様な香りが島に漂ってます。コスラエ島では太古からの深い深い自然の純な営みを感じます。ポナペ島では南国の花々が至る所で咲き乱れ、豊な香りが島に溢れています。そしてチューク島では、見事なまでに発達した珊瑚の森と美しく出現する白砂の景観に、自然の芸術美を感じます。同じミクロネシアでありながら、島毎に異なる独特の雰囲気や色、そして香りを持ち合わせていて、ずっと魅了され続けています。

 当社はこの様なミクロネシアの島々へ、お客様のご依頼をお伺いして一緒になってご旅行プランをお創りする事を専門としております。実際に全ての島へ訪れて自ら経験をしてきておりますので、色々なやり取りの中でエコツアーがお好きなお客様には、ご宿泊先はここが気に入って頂けるだろう! シュノーケリングにご興味をお持ちの方には、たくさんの珊瑚とトロピカルフィッシュと遊べるあのツアーをお奨めしよう! お食事やお土産は是非あちらをご紹介し楽しんで頂こう!・・・etc と、いつもプランを組みながらお客様が現地で楽しまれていらっしゃるシーンが浮かんできます。お客様の方もプラン創りの段階から、ある程度島でのイメージを具体的に持って頂けると思いますので、ご旅行前から楽しみが既に大きく膨らんでいる事にお気づきになられるのでは・・・と思います。もちろんご予算面も大切なご旅行の要素ですので、プランの質を落とさずにご予算に近づけていき、且つ、ご満足頂けるツアー創りを心掛けております。

 ご帰国後にお客様から「良いプランを作ってもらって有難う!」「また直ぐにでも帰りたい。」等の言葉を頂くと、お役に立つ仕事が出来た喜びを感じると同時に、その機会を与えて頂いたお客様へ感謝の気持ちでいっぱいになります。そして、小さい会社ながらも社会の為に貢献出来ていると実感致します。このサイト開設を期に、これまで以上に日本からミクロネシアへ訪れて頂くお客様のお役に立て、皆様に必要とされる会社となるよう目指して参りたいと思っております。また、現地ミクロネシアの方々にも何かのお役に立ちたい。という思いも芽生え始めており、それが何かはまだ見つかっておりませんが、ミクロネシアの島々とこれからも関わりを持ち続け、一歩一歩歩んで行きたいと思っております。

 

「ミクロネシアの香り」 サイト開設のご挨拶として。        2010年1月     佐藤 光

ミクロネシアの香りレポート : お客様からの旅レポート(ご感想など) / 当社プラン作りのこだわりや思い入れのご紹介・・・。
   過去のツアー事例のご覧頂き、ミクロネシア方面へのご旅行をご検討・ご興味お持ちの方ににお役立て頂ければと思います 

ポナペ遺産より ヤップ島遺産より ヤップ島遺産より パラオ島遺産より コスラエ島遺産より

ミクロネシア遺産 ベスト30  
  今後残しておきたいミクロネシアの美しい自然・伝統文化を30の写真にまとめて見ました

/ お申し込みの流れ / 個人情報保護方針 / 外務省海外安全情報 / 厚生労働省感染症情報
旅行業約款・条件書

株式会社 アイランズフレイバー
(総合旅行業務取扱管理者 佐藤 光)
神奈川県知事登録 旅行業第3種908号
〒231-0015  神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センター11階
電話 045-633-5103  ファックス 045-633-5166   お問合せ先メールアドレス